鎌倉の日帰り温泉

今、鎌倉の紅葉は最高です。

古くより奈良、京都に並ぶ政治の中心地であった鎌倉。武家にまつわる神社仏閣も数多く残っており、11月中旬から、静かな境内が紅葉で彩られます。関東の中でも鎌倉の紅葉の見ごろは遅く、12月に入っても見られるのがポイント。寺社の紅葉名所はもちろん、自然も多いのでハイキングコースを散策しながらの紅葉観賞もおすすめです。

「鎌倉の西方極楽浄土」と呼ばれる「長谷寺」。四季折々の花が美しく、その紅葉は山と寺の高低差による立体感が特徴です。紅葉が見頃となる時期に実施される「夜間特別拝観」では、夕暮れと共にゆっくりと紅葉がライトアップされます。明るいうちに境内に入り、鮮やかな木々が幻想的な風景へと変化する様子を見届けてはいかがでしょうか。

そんな鎌倉の紅葉を見ながら日帰りで温泉なんていかがでしょうか?
鎌倉日帰り温泉

鎌倉 紅葉の名所
鎌倉の紅葉シーズンは11月中旬~12月。
温暖な気候を反映して東京より速いです。
祖師堂の左手にあるや妙本寺祖師堂の左手にある紅葉が綺麗です。

 

鎌倉の紅葉の見頃はいつ?

森々として静寂な境内、鮮やかな紅葉を独りゆっくりと歩きながら見物すると満たされた気持ちになり、気持ちも静かになります。

鎌倉の紅葉は寺社を主体としてハイキングコース、切通しなどにあり、周囲がコンパクトな鎌倉は一日にいくつもまわることができます。

全体的な色づき傾向としては、源氏山、長谷寺、円覚寺など日当たりの良い場所は早めになります。

10月下旬から少しづつ色づき、11月中旬が見頃かと思います。

浄智寺、妙本寺、瑞泉寺など谷が深く、しっとりとした場所は遅め、11月に入ってから色づき始め見頃は11月中下旬頃かと思います。12月中旬頃まで見られます。

台風の塩害によって稀に紅葉しなくなる年がありますので注意してください。

鎌倉紅葉お薦めルートガイド

二階堂〜鎌倉の奥へ
北鎌倉から源氏山コース
長谷、江ノ電、秋の海
源氏山公園周辺の紅葉
北鎌倉の紅葉
日蓮ゆかりの大町
鎌倉の主な紅葉の名所

東慶寺の紅葉
縁切寺、駆け込み寺として知られる東慶寺は北鎌倉駅下車(上りホーム側改札)、徒歩3分の場所にあります。大泉洋の映画にもなりましたね。女性の離婚請求権が明治5年(1872年)に認められるまで縁切寺としての役割を果たし、その後は男僧の禅寺として、禅を世界に広めた鈴木大拙などを輩出しました。東慶寺の四季において最も見所なのは梅、次に紅葉です。それぞれの見頃がわかるように、県道からみえる茅葺きの山門両脇に梅や紅葉が植えられており、参拝者にはありがたいことです。

円覚寺の紅葉
建長寺と並び、武家政権の力が日本を覆っていった時代を肌で感じることができる円覚寺は、北鎌倉駅下りホーム側改札を出るとすぐにあります。山門前の階段を包むように紅葉があり、受付にて拝観料を払う前に色づきの様子を知ることができます。山門前から妙香池に至るまで特に左側に紅葉が続きます。

建長寺の紅葉
紅葉の名所が密集する北鎌倉。円覚寺や明月院、東慶寺は優雅な紅葉、建長寺と浄智寺は野趣を感じるところが魅力です。建長寺のメインは最奥の半僧坊、穴場は回春院です。奥にいくほど深くなる鎌倉、古刹の晩秋を味わってみてください。